2018年05月02日

トレーニングで厳しくするというと、あたかもビシバシと犬に体罰を与えるように聞こえますが、そうではなく、厳しくするというのは「例外を作らないこと」です。

31870686_1839888689375754_796526965220704256_n
 
我が家のディノ、あと2週間足らずで2歳になります。幼さが前面に出ている感のあるディノですが、このところ、少しずつ成長の階段を上っているようで、母に依存するのではなく、自分の判断で行動を起こすようになりました。
続きを読む

divomylove at 11:42コメント(0)my dogsトレーニング 

2018年04月16日

前回ポストのストレスサイン、こんなことを書いたのに、自分でもやってしまいました。
IMG_1273
写真は、土曜日夕方の2006年組。若者の騒ぎから離れて、独自の世界。

週末、久しぶりのWCFOのライブコンペの関東地方開催、チビディノ君も参加することにしました。。。とはいえ、この時点で、もうすでに無謀だった可能性はありました。今年の春のシーズンでは、前日のOPDESのイノベーション参加についで、2度目のリング参加。インドアは、昨年のマットトレーニングについで、2度目の経験。インドア競技会は初参加です。

「無理」がいくつも重なる状態でした。
続きを読む

divomylove at 13:48コメント(0)フリースタイルmy dogs 

2018年04月04日

演技が始まって、犬がハンドラーのキューと違うことをし始めることはよくあります。
P165

私の場合、相手がドノなら、長年、一緒にやってきた経験があるので、そこから持ち直すこともなんとかできます。

でも、若い犬や経験の浅い犬の場合、注意深く対処する必要があります。
続きを読む

divomylove at 14:15コメント(0)フリースタイル犬と一緒に踊りませんかレッスン 

2018年04月03日

ヒールワークトゥミュージック/HTMでは、ヒールワークを見せろ、と言われています。
0148_xlarge
ドノに指示した手をかける動作、、、ここで、もちろん靴下が破れました・・・。

そこで、FCIのルールを読んでみました。
続きを読む

divomylove at 12:28コメント(0)フリースタイル犬と一緒に踊りませんかレッスン 

2018年03月28日

馴致では良かったのに、演技が始まったら集中が切れてしまった、という表現を聞きました。
0010_xlarge

何が起きたかというと、馴致の時間が過ぎ、演技をスタートするためにスタートの位置について、スタートのポーズをとって、ハンドラーが音楽スタートの合図を送り、音楽がスタートするまでのその数秒間。この数秒間に、犬が予定していなかった動きを見せたりすることで、ハンドラーが動揺し、その動揺が犬に伝わり、演技自体がうまく進まなかった、そんな時に聞いた言葉です。
続きを読む

divomylove at 11:38コメント(0)フリースタイル犬と一緒に踊りませんかレッスン 

2018年02月22日

我が家のチビきちくん、1歳9ヶ月を過ぎ、身体は大きくなったのですが、若い犬らしく精神的にはハチャハチャです。

とはいえ、先日ラリオビ競技会で、2席。ボク、偉かったね〜。ただ、本犬は競技に参加したことも、その成績も、おそらくよく理解していない模様・・・若いです。
IMG_0118

さて、

IMG_0621 (1)
2年ほど前、英国を訪ねた時、ミシェールたちの施設で行われていたマリーレイさんのワークショップに見学参加しました。その時、ワークショップにこの子達が参加していました。

一番右の子は年配者です。もう2頭は確か同胎で、まだ1歳だったと記憶しています。

続きを読む

divomylove at 16:24コメント(0)ボーダーコリー犬と一緒に踊りませんかレッスン 

2018年02月07日

もうこのブログを始めて13年です。自分で何を書いたのか忘れてしまっているところもあります。なので、今回書こうと思ったことを以前にも書いているのではないかと遡ってみたのですが、、、、無理。調べられません。
w160528_IMG_4430

ここに書こうと思ったのは、報酬としての食べ物の話です。

報酬としての食べ物は人と犬を繋ぎません。
続きを読む

divomylove at 17:56コメント(0)犬と一緒に踊りませんかレッスントレーニング 

2018年02月05日

いつのまにか2018年の1月は過ぎ去ってしまい、もう2月。立春も過ぎました。
0068_xlarge
写真は、去年のDDJP。不満を述べる彼に、演技途中落ち着いてもらい仕切り直し。
ちょっと落ち着こう、という私の提案に賛同してくれたドーちゃん、ありがとう。

今年は5月に、DDJPのイベントにスロバキアからモニカさんが来日するだけでなく、
10月にはDDCのイベントに、カレンがイギリスからやってくるそうです。 
そうそう、1月にはもうすでに、FCIの競技会ルールをジャッジの立場から説明するというオランダからのエミーさんのセミナーもあったのですね。

WCFOでも「世界的な動きを鑑みて HTMに関するルールを改正」する動きもあり、OPDESのルール改正もあり、日本のフリースタイルはどこへ行くのでしょう?
 
続きを読む

divomylove at 17:11コメント(0)犬と一緒に踊りませんかレッスンフリースタイル 

2017年12月14日

我が家のドノ君、競技に参加すると、常に、「素晴らしい意欲」「良い集中」「アテンション」などに高い評価をいただいています。

しかし、実は、私自身、そのことをあえてトレーニングしたわけではなかったので、そういった評価をいただいても、本当はあまり嬉しくない。なのに、なのに、その評価がいつもついてくる・・・。
IMG_3929-1

しかも、彼に、吠えさせてしまっていた時期があったので、自分の能力の無さを指摘されているように感じたりもするのです。
続きを読む

divomylove at 17:08コメント(0)フリースタイル犬と一緒に踊りませんかレッスン 

2017年12月04日

12月の初めの日曜日、月に一度のフリースタイルレッスンクラスの、年末発表&歳忘れパーティでした。
IMG_0437

このレッスンは、確か2009年に始めました。当時は、まだフリースタイル/ドッグダンスは知名度も低く、レッスンに参加してくれる生徒さんも、探すのが難しかったくらいです。その時に、このレッスン開催を提案してくれたふぁーちゃんのハンドラー、藤田さんには、とても感謝しています。
続きを読む

divomylove at 11:56コメント(0)フリースタイル犬と一緒に踊りませんかレッスン 
[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ