2011年10月

2011年10月21日 15:06

AuFw10_i8245Mフリースタイルは究極の服従訓練、と言ってしまうとなんとなく堅苦しいのですが、それはこの「服従」という言葉が堅苦しいからでしょう。深く言葉の意味を考え始めると、ちょっとした違和感すら感じます。その為、最近では服従訓練という言葉を使わずに、オビーディエンスト英単語を使う事もよく見ます。

でも、以前、サンドラ・デービスさんが言っていたのですが、英語を母国語とする人達には、オビーディエンスという言葉は、私たち日本人が「服従」という言葉を聞いた時と同じように、あたかも力ずく、権力づくで従わせる、と言ったニュアンスを持つのだそうです。その部分が違和感なのです。

でも、フリースタイルは究極の・・・っという時のその意味はよく解ります。

なぜなら、フリースタイルでは、ハンドラーが
「1」と言ったら犬は「1」を、「2」と言ったら「2」をやる必要があるからです。たとえ人前でも、たとえ音楽が鳴っていても、たとえおやつがなくても、少なくとも競技としてのフリースタイルはそういう物なのです。

この部分を「服従訓練」とか「オビディエンス」とかの言葉で表現しているわけです。
 
続きを読む

2011年10月05日 18:17

10月2日、ファンマッチでした。

私は、本当に申し訳ない程に何も決まっていないルーティンで参加。練習セッションになり、問題点もちょっとつかんだし、本人的には良かったのですけど、見た皆様、忘れて下さいね。続きを読む

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ