2006年12月22日

10年程前

10年程前の話。

ある訓練士のところに飼い主さんが連れてきていた小型犬は、別の訓練所での訓練期間を終えて帰ってきたそうです。帰ってきたら「オリコウさん」になったけど「覇気がない」犬になった、と言うのが飼い主さんのお話。

その訓練所のパンフレットに「あなたの手を煩わせない犬にします」と書いてあったそうです。飼い主は、訓練所の言うところの「手を煩わせない」が「覇気がない」と同義語だったと悟り、もっと活き活きした犬に戻したい、と相談に来たそうです。相談された訓練士さんは、苦りきった顔でいいました。

「同業だから、言いたかぁないが、ひどいことするやつがいるねぇ。」


御近所仲間の山の家でバーベキューがありました。こちらのお宅には、訓練済みとして7ヵ月で来た陽気なラブの女の子がいました。若いラブらしく、楽しい話題を提供していました。

お客さまが多く、気にかけてやれないだろうからと、バーベキュー当日は、この子は、お里の訓練所にお預けになることに。近所にある訓練所まで、お散歩がてら歩いていったそうです。

訓練所(の受付所)の前まで来ると、それまで、陽気に歩いていた犬の様子が一変。ブルブルとふるえだし、腰をひいて、歩きたくない、と。

混乱した飼い主が、そのままひきずって、建物のドアをくぐると、犬の態度はまた一変。家庭では見たことのない、静かな、おとなしい、すまし顔のオリコウさんになって、訓練所の人に脚側行進したそうです。


フリースタイル仲間が、きれいな外観の訓練所(の受付所)を見学に行きました。どんなことをやっているのだろう・・・?っと。

ガラス張りのその受付所にいた犬達は、皆オリコウさんで、長時間、ず~っと「停座」姿勢でいたそうです。


友人は雄のラブの子犬を飼い始め、近所の訓練所のお預け訓練コースに、生後5ヵ月の時に送り込みました。帰ってきた時、帚を持つと逃げるようになっていました。犬の頭蓋骨って、棒で殴ったくらいでは、なんにも感じないものなんだと訓練所から言われたという彼に、「いや、やっぱり、痛いんじゃない?」と私。

10ヵ月を過ぎる頃、訓練所から「マーキングをしない犬にする為のコース」に参加するようにと連絡が来たそうです。

私のところに電話がかかってきました。この、マーキングをしないようにする訓練って、どんなこと?どう思う?訓練に詳しい別の友に内容を確かめ、それを伝えると、彼は、堰を切ったように話だしました。

「自分は、犬を飼ったつもりで、奴隷を雇ったわけではない。」


これらの話は、全て同じ訓練所の話です。一時期、東京の城南と呼ばれる地域に数店舗(受付所)あり、そのうちの一つは、私の家のすぐ近所にありました。横浜にもあったそうです。有名芸能人の犬を預かって訓練した、という話も聞きました。

ある時、その美しいガラス張りの受付所は、全て、なくなってしまいました。
                              kuro

at 15:39コメント(2)トラックバック(1)  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 訓練所の話  [ クリままの独り言 ]   2006年12月28日 18:56
Kuroさんちに書いてあったので、管理人も書いてみた。 20年前我が家に7ヶ月でやって来たハスキーのスコット君。 かなりのいたずら好きでパワー全開。 男の子は初めてだったので、戸惑うことばかり。 普

コメント一覧

2. Posted by kuro   2006年12月25日 16:27
口コミで、実際に訓練しているところと、その人の犬と、その人の訓練した犬と、
しかも、家庭犬としてなら特に、その日常生活を実際に見ないと、ねぇ。
自分の考えている犬との暮らしと、かけはなれた飼い方の犬は、
参考にならないよねぇ・・・。
添い寝したくて犬を飼い始めたのに、ケージにずっと入れておけって言われたら、
何の為に犬を飼ったか、解らなくなるよね。
あの当時は、ジーガー等で優勝経験のある訓練士さんでも、
ボーダーコリーはやったことがないって人がほとんどだったかも。
1. Posted by クリまま   2006年12月25日 12:17
訓練士さんは、口コミが無難かしらね。
やっぱり。
まぁ、あとは相性もあるし。
クリスが来た頃、ご近所でゴールデンの訓練をしていたおじさんが、
私がクリスを訓練しているのを見て、
「ボーダーっておもしろいですか?ボクはまだ訓練したことなくて。」って。
正直だけど、そのおじさんの最初の生徒になるボーダーはちょっと不憫だと思いました。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ