2010年01月13日

難しい事

私にとって、フリースタイルは犬とのコミュニケーションを得るための試行錯誤の副産物のようなものです。

ですから、こんな事を教えたい、あんな事を犬に解ってもらうには、どうしたら?っという事が、日々の中から出てくる事で、それをなんとか成功させたいという形で、毎日、すこしづつの練習をする、そんな生活です。

音楽を聞いていて浮かんだ動きを犬にやってもらう。これは、こう「難しい」から、まずは、こうやって、ここではこの指示が必要だろうなぁ、、、なんて考えて、やってみて、やっぱり、と思う事もあるし、あれ?っと思う事もある。

いずれにしても、あっさりとできる事はほとんどないのです。「難しい事」なのですから。

その「難しい事」って、それは必ずしも派手な動きでもないかもしれないし、他人から見れば、どうってことの無い動きなのかもしれません。競技においては、その主催団体や審査員によっては、評価されない事かもしれないです。

単に、私と私の犬にとっては難しい事なのかもしれません。あるいは、あまりにも自然な動きになってしまうと、それが難しいという事すら、他人には理解されないかもしれません。

アティラにグラディエイターの中のフライの様々な動き、
全てが計算され、計画されている動きなのだけど、
フライの熟練の度合いがあまりにも高すぎて、   
あまりにも自然な動きになっていて、   
審査する人によっては、
低い点しかつけないという現象がありました。   
アティラは、その審査員の好みの問題、
と言っていましたが、(不本意だったみたい・・・)   
いま思うと、その審査員は、
難しさを理解できなかった
のかもしれません。

っで、その「難しい事」ができた時って、嬉しい。犬とのコミュニケーションが成り立った事を身をもって体験できるのですから。

「難しい事」にチャレンジする理由は、おそらく、そこにあるのです。 なんて思いながら、ダダと練習しています。


divomylove at 19:47コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ