2010年04月13日

アテンションが切れたとき

フリースタイルの演技で、アテンションがとれないというお話を良く聞きます。

アテンションが切れたら、どうしましょう・・・? 

演技中、犬が、何やら嗅覚や視覚にうったえる物を発見、そちらに気持ちがそれたとします。

床の上に、何やら不審物発見、ちゃんとチェックしなきゃと、ハンドラーの指示ではなく、床の上の物に集中してしまいます。 

ハンドラーは焦って、床の上にかがみ込む犬の上にかがみ込むように犬の名前を呼んで、手を叩いたり、、、

しかし、これは、犬からしてみれば、犬が見つけた不審物チェックにハンドラーも一緒に参加してくれた状態になっている、という事になります。そうなりゃ、犬は、もっと真剣に、不審物のチェックをする、、、

だから、そんな時、ハンドラーは犬を見ないで、犬から離れて、そんな不審物よりも、犬にとってもっと興味深い対象にならないといけないのです。 


演技中アテンションが切れて、犬が何かをチェックし始めたら、


犬が集中する物を見るべからず
 


divomylove at 18:49コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ