2017年02月22日

Heatherのコメントから思うこと

Heatherのコメントを読んで、いろいろと思う所がありました。

まず、Heather特別賞の5つのルーティン。本当に素晴らしい演技でした。ファンクラス参加の大西さん以外の4つは、全て、チャレンジクラスMFの上位得点の方々です。最高得点は27.5。素晴らしい評価ですね。しかも、この得点には、「ミスを見つけた」為の減点も含まれていました。

減点に関しては、かなり厳格に減点を行っているようです。ヘザー特別賞の中に吠えの減点をとられたルーティンもありました。


そして、大西さんとまゆちゃんの演技には、「演技に惹き込まれ、審査することなんてどうでもよくなった」とコメントがありました。当日のこの演技の素晴らしさを、DVDの動画でも感じていただけたことがとても嬉しく思いました。当日見ていた人の中には、思わず涙を流した、という人もいた程の、感動的な演技でした。


コンテンツの入れかたとして、音楽性と関係なく「この動きができるから入れた」ように見える所が気になる、と言ったコメントもありました。振付けに関係なく唐突すぎる、との、ある意味批判でもあります。

ハンドシグナルに関しての評価/コメントが興味深かったです。上級レベルとする為にはハンドシグナルを抜く必要があります。ハンドシグナルが多いと指摘されていたルーティンもありました。その半面、初期段階の、集中力を維持する必要のある様な犬のルーティンの場合は、ハンドシグナルを用いて、もっと犬のストレスを無くすように、とのコメントもありました。

今回のワークショップで感じたことは、ターゲットを用いる練習の有効さでしたが、ハンドシグナルも同じことがいえます。ハンドシグナルは様々なムーブ/トリックを習得するには、有益/必要なターゲットで、それをいつかは無くしてゆきます。しかし、そのハンドシグナルをなくしてゆく時期と方法をを間違えると、犬のストレスが増し、好ましくない現象が起きやすい、のです。


MFの評価の高さに比べると、HTMでは、最高得点22.6でした。

まずコンテンツ(内容)が足りないと評価されたようです。ジャッジをするにあたって、日本のルール等をHeatherに質問されました。そこで、日本のHTMでは、足の間を通っていけないことや、遠隔が禁止される場合が多いので、そういったことを含まないルーティンが多い、と説明をしました。しかし、ファンマッチという形式をとって居る事もあり、ジャッジに関しては、彼女の、イギリス/ヨーロッパ基準で評価していただいて構わないとお願いしていました。ですので、コンテンツの得点が低いのは当たり前といえるでしょう。コンテンツの得点で7点以上をとったルーティンは、2つのみでした。

正確性に関しても得点は低く、7点代を取ったルーティンは1つのみ、おのずと芸術点も厳しくなっていました。ですので、HTMチャレンジクラスで、ご自分の得点を見て驚いた方もいらっしゃると思うのですが、全体的な評価が低かったと思って下さい。

HTMに関しては、正確性に関するコメントが非常に多かった。そして、ヒールワークの歩数/長さが足りない、ヒールワークをもっと見せろ、というコメントも多くありました。前々ポジションはヒールワークと見なされていないことも、ヒールワークが少ないとの評価の一つの要因と思います。

また、ヒールポジションの一貫性に関してもコメントがでていました。あるポジションはハンドラーの身体ぴったりなのに、あるポジションでは遠く離れている,、、そんなことの指摘も多かったようです。


今回、私がおだしした特別賞とヘザーが選んだ特別賞で、4つのルーティンがかぶってしまいました。私としては、嬉しい様な困った様な。

個人的な感想としては、大西さんと矢野さんのルーティンが、高く評価されたことが、とても嬉しかったです。





divomylove at 14:21コメント(0)トラックバック(0)WanStep2Move | フリースタイル 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ