2017年07月19日

関係性

フリースタイルに限らず、なんらかのドッグスポーツにおいて、なかなか良い結果、良いパフォーマンスを残せないときに言われることの一つに、「犬との関係性ができていない」という言葉があります。

写真 1
                             11ヶ月前のうちの2頭
様々なことを端折って、様々な条件や、様々な事柄を単純化したとき、おそらく、その言葉には真実が隠れています。

とはいえ、「関係性」とは一体なんのことなのでしょう? 


「関係」を辞書で引くと、いくつかの定義の中に「相互のかかわり具合」というのがあって、おそらく、これがいいのではないかと思うのですが、ここに「性」がついています。これは接尾語として「〜の性質を持ったという意味の言葉を作る接尾語」としての役割と解釈していいと思います。

写真 2のコピー
                                最近のうちの2頭
つまり、「犬とハンドラー/人のかかわり具合」が競技で良い結果をうるためには重要、っと考えて良いのではないかと思います。

そうなると、トレーニングにおいて必要なのは、この「関係性」をよく保つために必要なことをトレーニングしていけばいい、とも言えるのではないかと思います。


ここでは何度も書いてきているのですが、昨今では、犬(や動物)に何か行動を教えてゆくためには、学習理論を応用して、行動を定着させていくことの有効性が広く広まっていて、単純化した言い方をすれば、「褒めて育てる」ことで、、フリースタイルに必要な行動を教えるのは、比較的簡単です。

難しいのは、教えた/覚えたことを、いつでもどこでもどんな時でも遂行することです(人も犬も)。

そのためには、この「関係性」に関するトレーニングが必要だということなんですね〜。


ちなみに、よく、うちではできるのだけど、おやつがあればできるのだけど、おもちゃがあればできるのだけど・・・っと思ったり言ったりしませんか?

いや、実はね、そこに間違いがあります。

そう言いたくなる時は、実は、うちでもできていないし、おやつがあってもできないし、おもちゃがあってもできないことばかりだと思います。(そうそう、ちょっと前トレーニングによく使われていた [・・・今でも使われていますし、ある種の競技では正式に使われていますが] チョークチェーン、これを首にかければ、とか、これがあるってわかっていれば、っというのも同じです。これがないとできないという意味において、おやつがあれば、と同義語です。トレーニングツールとしての役割は大きく異なりますが。)

こういう状態を、カナダ人のアジリティーエキスパート、Susan Garrettは、行動を習得したという「幻想」を抱いていると表現しています。

「幻想」。確かに。

 


divomylove at 15:04コメント(0)トレーニング | フリースタイル 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ