2017年09月25日

経験を積む

我が家の一番若いチビDino君のために、レッスンを受けてきました。。。あ、いや、彼のためじゃなく、私自身のため、ですね。
IMG_0270
受けたはラリーオビーディエンスのレッスンで、先日の競技会で私の無知/観察不足から失格させてしまったので、反省しての受講です。


Dinoは1歳4ヶ月、この子は少々幼い感じで、ゆっくりと成長しているようなので、今までは、何をやっても母のことしか見ていない、典型的な子犬君でした。

子犬君だったので、8月の競技会では、母のミスがなければ十分な得点で合格する作業をしていました。ヒールワークの練習をほとんどしないまま、3メートル歩けたらラッキーという状態だったので、本当に彼はよくやりました。

あれからひと月、 今回レッスンを受けて、彼が少し成長していることがわかりました。成長して、環境に対する意識が少し強くなっていました。ひと月前にも少し出てきていたこの意識、先週参加させていただいた練習会でも気になったのですが、今回は、はっきりと見て取れました。

母と歩く先にある積まれた道具がきになる、一緒に参加している犬がきになる、、、大人のわんちゃんだったので、とても助かりました、、、サインボードをチェックしたくなるなどなど。

長い距離を歩く練習をしていなかったので、母からの報酬や、褒め言葉がないと、この練習のちょっと前に思いつきで強化しようと思った動作/トリックを、 繰り出す、繰り出す。いやいや、違うんです、チビ君、っと、困った母。

っで、母が困ると、チビ君は「座れ」のコマンドすら混乱してしまうのです。

トレーナーの方からいただいた助言、私の失敗を的確に指摘していただき、とても助かりました。 


そうそう、今朝も、この問題の動作/トリックを繰り出していたので、そうじゃないということを、かろうじて彼に認識してもらいました。強化の歴史は裏切らない。この動作はきちんと強化していくことにしました。


経験が足りないのは、Dinoだけでなく、私も同じです。この子と一緒に作業する経験は、ゼロに近い。色々な場で、色々な犬や人と、様々な経験をすることは、経験の浅い犬や人にとっては貴重です。

トリックの習得やポジションの強化をすることだけがトレーニングではないのだと、改めて思います。





divomylove at 15:10コメント(0)トレーニング | ボーダーコリー 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ