2017年11月06日

フリースタイル・ドッグダンスでヒールワーク

ヒールワークで遅れるんです・・・
じゃあっと、左脚側のヒールワークをやっていただくと、非常に似た形を見ることが多いのです。
そしてそれは、10年前から同じです。
22164150_815690831942726_1014227954_o
Dinoの右ヒールワーク  誘導・ターゲットを使っています


まず、犬はちょっと後ろ、その犬を振り返りながらハンドラーが手を差し伸べ、そして、左脚側コマンドをハンドラーが言いながら動く。そして、反時計回り、つまり犬を内側にした円を描いて動いています。

これでは、絶対に、犬の遅れを修正することはできません。
その理由、わかりますか?実はね、ハンドラーのこの動作全てで、犬に遅れるように指示しているのです。
DSC_7516
Donoの前直角ポジションのスピードあるヒールワーク

上記したことをハンドラーがやめると、ちゃんと治すことができます。ハンドラー、気をつけましょう。






divomylove at 11:35コメント(0)フリースタイル | トレーニング 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ