2017年12月04日

年末発表会2017

12月の初めの日曜日、月に一度のフリースタイルレッスンクラスの、年末発表&歳忘れパーティでした。
IMG_0437

このレッスンは、確か2009年に始めました。当時は、まだフリースタイル/ドッグダンスは知名度も低く、レッスンに参加してくれる生徒さんも、探すのが難しかったくらいです。その時に、このレッスン開催を提案してくれたふぁーちゃんのハンドラー、藤田さんには、とても感謝しています。


この発表会、いつものレッスン場、いつものメンバーなのですが、それでも、みんなが私を見ている、僕を見ているということで、犬は、それぞれにややこしい行動を起こします。ハンドラーがいつもと違う衣装を身につけていればなおさら、しかも、ハンドラーの気持ちも、衣装をつけて、人前ということで、いつもとは違うのです。

今回は、中・上級クラスの演技以外は、ハンドリングに注目しすることにしました。

フリースタイルは、音楽に乗せて動くことが必要ですので、うまくいかなかった時のリカバリー、予定と違う場所に来てしまった時の対処など、ハンドリングがとても重要です。音楽は待った無しで流れていくのですから。

そして、また、その思い通りにいかなかった状況を、犬がどう感じているかを感じ取って動く必要があります。フリースタイルのトレーニングをハンドラーと一緒に重ねて来ている犬たちは、ハンドラーの気持ちを瞬時に汲み取ってしまいます。
IMG_8656

ここでは、次の指示を出すことが必要なのか、あるいは犬のやっていることに対しそれでいいのだよという励ましの言葉をかけるべきなのか、演技構成の変更が必要な中、どこを捨ててどこを残すのか、そんなことを決定する必要があります。

そうやって見ていると、1年前、2年前にはできなかったことを、ハンドラーができるようになっていることがよく見え、それは、ちょっと感動的でした。

上級クラスの方達には、今後注意するべきところだけ、コメントしました。この方達は、問題点を、自分と犬が一緒に克服したからこそ、今があるのです。克服する中心は、やはり、ハンドラー自身と犬とのコミュニケーションでしょう。ぜひ、犬と相談して解決していっていただきたいです。

一年に一度だけなのですが、こういう発表の場を設けること、やっぱり必要ですね。また、一年後にも、開催できるといいな。
IMG_9053


そして、みなさんから、プレゼントをいただきました。なんと、網タイツ、各種、たくさん。演技中に犬に破かれちゃっても次があります。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。ご参加いただけなかった方々、次回はどうぞ、ご参加下さい。









divomylove at 11:56コメント(0)フリースタイル | 犬と一緒に踊りませんかレッスン 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ