2018年08月10日

エンゲイジメント・知識

エンゲイジメントは、もしかしたら、単に、日常生活を楽しく暮らすためには、取り立てて特に練習する必要はないかもしれません。
1.エンゲイジメント.001


呼べば来ること、指示で待つことは絶対に必要だと私は思っていますし、それに加えてクレートトレーニングができれば、日常生活は、かなり、犬に安全かつ快適なものになると思います。

しかし、もし、報酬ベースのトレーニングで、ドッグスポーツで結果を出したいのでしたら、エンゲイジメントは必要不可欠です。そして、多くの報酬ベーストレーニングでは、行動を学習・教育することに成功しながら、そこが欠如しています。


報酬ベースのトレーニングが多く採用されるようになってもう20年以上経っていると思うのですが、なかなか、ドッグスポーツの世界で結果を出せない。とはいえ、やっと、世界的に見ても、報酬ベーストレーニングの良い点が顕著に見られるようになってきています。
何よりも、犬が、生き生きと作業をする。

エンゲイジメント練習は、A41枚の紙に書き出すことができるほど単純なものです。この単純な作業に、気持ちを向けることが少なかった。トレーニングは犬に行動を学習させることに終始してしまった。でも、それだけでは、ドッグスポーツでは結果を出せないのです。なぜなら、犬は、感情のある生き物だから。
2.engagement2-4.001

Denise Fenzi は、このA4一枚の作業内容を公開しています。また、彼女のオンラインスクールにおいては、6週間のコースを費やして学ぶ内容となっています。私も、このコースを見学受講しました。

展開された内容は、このA4一枚の作業内容でしたが、そこには、6週間分の詳細な理論学習が含まれていました。「あぁ〜」とか、「そうかぁ〜」とか、「なるほど」がたくさんでした。

先日書いたように、私は Susan Garrett のアジリティオンラインクラスにも参加しています。気がつけば、Susan も、よく、エンゲイジ、という言葉を使っています。

日本語でなんと言えばいいのでしょう?何かいい言葉があるといいのですが。





divomylove at 18:24コメント(0)犬と一緒に踊りませんかレッスン | トレーニング 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ