2018年08月24日

動作と状態

これは、私が、最初のボーダーコリー、Divoとトレーニングをしていて気がついたことです。

なぜ、犬は「すわれ」と言われて座り、解除の言葉を聞かずに立ち上がってしまうのか?
14021712_1203998882964741_5784363909486776016_n

 


Divoは、その性格的に、人との交流が大好きだった犬だったので、トレーニングは大好きでした。

私は、彼とのトレーニングには、いつもボールを報酬として使っていましたが、彼は、ボールが好きなのではなく、それを受け取ることで、自分が正解を導き出したことを確認して、満足を得ていたと思います。
IMG_0413

その彼が、「すわれ」と言われて座るのに、すぐに悪びれることなく立ち上がる。もう一度「すわれ」というと、またすぐに座る、おりこうさ〜んの声にすぐ立ち上がる、、、、 

なぜだろう???彼の表情からは、悪びれた様子は全くなく、自信を持って座り、そして立ち上がる。何が間違っているのだろう?

っということで、考えているうちに、気がつきました。

彼の中で、「すわれ」は座るという動作、腰を下ろすという動作であって、その腰を下ろした状態を維持することは、「すわれ」の中に含まれていないのではないか?

そこで、彼が座っている間、腰を下ろした状態を維持している間には、私は「そうそうそう〜〜〜〜」 と低い声で言い続けることにしました。

つまり、SIT ではなく SITTING を「すわれ」と結びつける作業をしたのです。

これにより、Divoのコマンドに対する理解は、格段に進みました。

罰を与えたり、いけない、と言って阻止する方法を取らない場合、犬がどう理解しているかをハンドラーがきちんと確認することは、トレーニングにおける、最重要課題の一つです。

この「そうそうそう〜〜〜〜」は、クリッカートレーニングの方たちが使うKGSや、Kayce Coverの提唱するインターミディエイトブリッジと似通った役割を果たします。(そしてKayceは、このSITとSITTINGの違いを説明したら、それをその当時(2000年ごろ)まで、提唱した人はいなかった、ぜひ、自分のレクチャーで使いたい、と言っていました>ちょっと自慢)

何より、犬にわかりやすい。

ただし、使うなら、他の二次強化子と同様に、きちんと犬とハンドラーの共通認識を作ることが重要です。 


 


divomylove at 11:38コメント(0)トレーニング | 犬と一緒に踊りませんかレッスン 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ