2019年07月24日 16:08

おやつ雑感

私は、トレーニングを報酬ベースで行なっています。
IMG_5491

報酬は、食べ物、おもちゃ、そしてハンドラーと一緒の遊び、今犬が欲する事・物など様々です。



そして、その報酬を、
いつ when 与えるか、
どこ where で与えるか、
どのように how 与えるか、
そして与える主体は誰 who なのか、
など、昔国語の文章を書く練習で繰り返し言われた「いつどこで誰がどう」が重要になります。

自分の意思を相手に間違いなく伝えるために必要と言われた「いつどこで誰がどう」、犬のトレーニングでも同じように必要なことなのですね〜。
IMG_5462

トレーニングの方法は様々あります。
IMG_5456

特に、報酬ベースの場合、そん報酬を出すために行動を誘発するための方法ということで分類すると、
ルアリング、
ターゲティング、
シェイピング、
キャプチャリング、
モールディング、
ミミッキング、
プレッシャリリース、
など、いくつか考えられ、そこにはそれぞれの利点欠点があると言えます。

この利点欠点を、検証する必要があります。

ドッグダンスでよく皆さんが言う「おやつがあればちゃんと演技ができる」は、「おやつがないとちゃんとした演技ができない」と同義でしょうか?

では、おやつがある時の利点、そして欠点は?

そこを考えると、次へのステップへのきっかけが見えてくるかもしれません。





コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ