陰鬱なるニュース

2005年09月20日

at 12:19コメント(0)トラックバック(0) 

2005年09月11日

アメリカのニューオーリンズを水没させてしまったハリケーン被害について、アメリカの友人から、悲惨なニュースが入ってきました。

UPDATE: 4:03pm PST Authorities have informed our rescue team that they
have three days to rescue all dogs before they start shooting them.
They believe that dogs are eating dead bodies to stay alive and need to
eliminate them. We are outraged. Animal rescue groups were not allowed
into the water until last Tuesday. To give us just another 72 hours to
get a job, of biblical proportions done, is ludicrous. We are doing our
best to beg for more time. We would ask you to call or write to someone
but frankly, the lines of communications are so poor, we have no clue
where you can begin. Because our team is on the ground, they have
direct contact with law enforcement. If we have to, we'll work 'under
the radar' to get the job done.

See additional info on http://www.pasadosafehaven.org/NEWS/NEWS.htm

レスキューチームが、水没した地域に入る事を許可されたのが6日、10日に言い渡された事は、

行政/監理組織は、犬は、生き残るためにヒトの死体を食べているので、排除する必要があると確信したため、72時間後から、そのへんにうろうろしている犬は、撃ち殺す事になったと、レスキュー団体に通告してきたそうです。(つまり、3日以内に、救える犬は全部救え、という事。)


今日、東京で、又、ものすごい雷と共に、大雨が降りました。私は車を運転中でしたが、怖くて動けなくなり、ハザードをつけて、路肩に止まりました。何台もの車が、同じように、止まりました。

今いるところは、このまま降り続いたら水没するような地域だったっけ・・?うちで御留守番している犬達は、雷に怯えているのじゃないかしら・・・?

車の中で滝のような雨を見ながら、この友人からのニュースを思い出し、なんとも不安な気持ちになりました。

帰ると、犬達は、嬉しそうに出迎えてくれました。     kuro

at 18:02コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月06日

<犬かみつき>1歳女児、額9針縫う 九州わんわん王国で
http://www.excite.co.jp/News/society/20050605205000/20050606M40.086.html

次から次へとやってきては、「怖い~」とか、「カワイー」とかの奇声をあげながら、怪しげな動きを繰り返しては抱きついてくる、見知らぬ子供達の相手をさせられている犬達は気の毒です。

犬からしてみれば、自分のことをきちんとわかってくれている、寝食を共にしている飼い主の子供の相手をするのとは、わけが違う。

「親がわるい」とか、「犬がどうこう」とかいうことよりも、こういう「ふれあい」施設の存在の意義は、いったいなんなのでしょう?

ふれあいパレス・・・?「ふれ・あい」というからには、相互の意志のかよい「アイ」が必要でしょう?お客は、「ふれ・あい」を求めてきたとしても、触れられている犬が、その日、その時に、「ふれ・あい」を望んでいるかどうか、ちゃんと確かめているのかしら?
                            kuro

at 00:44コメント(4)トラックバック(2) 

2004年02月24日

昔、某市のまちづくり団体がイベントで「ビオトープ」をするっていうわけ。
イベントでビオトープ?いまいち意味が解らなかったんだが、取材にいってみて理解できた。

子供たちが、水槽の中の魚とかをさわりちゃんこしてる。この企画を企てた人は自慢げに言った。

「自然とふれあうことがなくなった今、こういった場所でふれあうことが教育なんですね」

つまり、タッチングプールとビオトープを勘違いしてるのだ。子供たちも大人たちも、まるでUFOキャッチャーのおもちゃのように魚をつかみ、プールからあふれた魚は誰かが踏んづけたみたいで、腸がにゅるりんと飛び出していた。

作家のカイコウさんは、アラスカかどこかの自然の中に身を置き、湖ではねた魚を鳥が捕りb、その鳥をさらに大きな鳥が捕る様子を見て「輪廻、それは目視できるのである」と書いている。

自然とふれあうってことは、そういうことだと思える。そこには死ってもんが身近にあるし、ましてやそれを劇場風に演出してみても、UFO キャッチャーと変わらない。

で、自然とふれあうなんていうことは本来そういうことだっていうのは、ムツゴロウ自身が自分の著書の中で何回も書いてることじゃねーか。

さて、生活のために何かを売り渡すというのは、金額の大小の差こそあれ、資本主義の世の中ではあたりまえにあることだ。だからこそ、昔から「魂まで売るのか」なんていう言葉がよく、文学や映画などのつくりものの世界で語られてきた。

でも、その売る「魂」に価値があるのなら、たとえば青臭いロマンや、実現不可能と思われる夢でさえ、それは金になるはずだ。

・・・(ましてや、文学や映画はそういった世界であるはずだ)

Mパテー商会、今の「日活」の創業者は、滞在中のホテルの訪れてきた名もないみすぼらしい中国人の青年に革命の資金を提供した。やがてその資金の提供のため、Mパテー商会は負債をかかえ倒産するが、そのロマンを金に換え、金をまたロマンに換えるという精神は、「日活ヒーロもの路線」の映画に色濃くでている。

海外では民間の宇宙船建設に、投資する奴もいる。それは金が金を産むという投資の形ではなく、その無謀なプロジェクトのたったひとつの吸引力である「夢」に金をはらっているのだとしか思えない。

売る魂に、価値があるなら、本来それは金にならなければならない。

しゃて、メディアの力と大衆の力を過信した道化は、どんな夢を見せてくれたか?
それは、本人の書くところに生命力の輝ける美しさでもなく、あらゆる生命との輪廻・・・つまり関係でもない。ただたんなる「かわいい」という本人の望まぬ大衆の意識だけだったということではないだろうか?

売る魂に価値がないのか、それともそれを買う人間に価値がわからないのか、いやむしろ、そんなことはどうでもいいのだ。自分の姿が見えない、もしくは自分の姿を見ない道化である「はだかの王様」ほど、かっこ悪いものはない。

いずれにせよ、ムツゴロウブランドを取り巻く商業主義は、現在の日本を始め、多くの国で横行しているポスト商業主義の王道をいく、「大衆をいかに騙すか」というものであることは間違いなさそうだ。

この穴のあいた風呂敷に乗っかるバブルを夢見るガリンペイロたちは、多くの混乱を巻き起こすだろう。

さて、そのとき「はだかの王様」はどのような責任をとれるというのだろうか?
まさか、年でお亡くなりになりましたとか、ライオンに喰われましたってオチではないだろうな・・?恐るべし・・・。(西鶴)

at 11:50コメント(1)トラックバック(0) 
_________________________________________

プレスに配られたという畑さんの御挨拶

新年おめでとう御座居ます。
清々しい新しい年の生活をお始めのことと思います。
さて、原野に住む私たちにとっても、2004年は特別な年になりました。
長年、北の地で培ったものを都会で展開するのは私たちの夢でしたし、五年ほど前から、具体化を模索してきました。途中、いろいろ噂が流れましたが、ようやく、ここぞという場所にめぐりあい、暖かく受け入れていただけることにもなり、こうして第一報をお届け出来る段階までこぎつけました。
 私たちは、すべての動物をひきつれ、全員、東京へと進出します。
皆さま、よくご存知の東京サマーランド、そこに隣接するファミリーパークが、私たちの約束の地であり、三月には移転を完了し、東京ムツゴロウ動物王国と名づけ、四月には開国したいと考えています。私たちは、自然は友だち、動物は友だちと信じ、さまざまな技術を習得し、ソフト面を開発して参りました。それを多くの人に手渡し、楽しんでいただく空間にしたいと願っています。
何がどうなっていくか?それは私たちにもよくつかめていません。
しかし、人と自然の距離がますます遠く離れていく昨今、私たちが生きものと遊ぶ姿は、大切なものを伝え得ると確信しています。
近い将来、皆さまに直接おこしいただいて、何をどうしようとしているのかをじかに見ていただく機会を作りたいと考えています。その節は、何卒、よろしくお願いたします。

畑 正憲
__________________________________________

さて、この東京ムツゴロウ王国の仕掛け人は、(株)グローカル21。(株)マツモトキヨシ会長で衆議院議員の松本かづな氏と(株)ムツプロの畑正憲代表取締役が連携して設立、流山市の新川耕地有効活用計画に参画するために、(株)グローカル21(中山晴夫代表取締役)が、北海道浜中町の「ムツゴロウ動物王国」を全面的に流山に移転させる計画を平成12年8月に発表し、関係者との調整を行っていたが、300人を超える地権者や行政の取り組みなどを考慮した結果、撤退する事になったという会社だそうで…。つまり、流山市内の予定地の、農地転用の内示は昨年8月に下りていた、その結果、あきるの市に来ることになったとか。(西鶴)

at 11:33コメント(1)トラックバック(0) 
[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ