トレーニング

2018年02月07日

もうこのブログを始めて13年です。自分で何を書いたのか忘れてしまっているところもあります。なので、今回書こうと思ったことを以前にも書いているのではないかと遡ってみたのですが、、、、無理。調べられません。
w160528_IMG_4430

ここに書こうと思ったのは、報酬としての食べ物の話です。

報酬としての食べ物は人と犬を繋ぎません。
続きを読む

divomylove at 17:56コメント(0) 

2017年11月07日

写真は「立って」を指示されて、ハンドラーの私が離れてゆき、帰ってきて通り過ぎたので不安になって振り返っている1歳4ヶ月のディノです。
DSC_3412のコピー
多くの場合、「立って待て」というコマンドで指示することが多いように思います。

それについて、少し疑問を感じていて、ディノには、そこを明確にしようと試みることにしました。
続きを読む

divomylove at 17:14コメント(0) 

2017年11月06日

ヒールワークで遅れるんです・・・
じゃあっと、左脚側のヒールワークをやっていただくと、非常に似た形を見ることが多いのです。
そしてそれは、10年前から同じです。
22164150_815690831942726_1014227954_o
Dinoの右ヒールワーク  誘導・ターゲットを使っています
続きを読む

divomylove at 11:35コメント(0) 

2017年09月25日

我が家の一番若いチビDino君のために、レッスンを受けてきました。。。あ、いや、彼のためじゃなく、私自身のため、ですね。
IMG_0270
受けたはラリーオビーディエンスのレッスンで、先日の競技会で私の無知/観察不足から失格させてしまったので、反省しての受講です。
続きを読む

divomylove at 15:10コメント(0) 

2017年07月25日

犬のスポーツであれ人のスポーツであれ、競技となると、そこには常に審査員・ジャッジが存在します。
w161127_IMG_6540
photos by Yuji Kasahara

最近、ランチに行くお店でスーパーラグビーの試合の録画を画面で流しているので、ラグビーの試合を見ることが多くなりました。ラグビーは、え、これ、フットボール?いや、これ格闘技でしょう!っと言いたくなるような競技です。

もしこの場に審判がいなければ、スーパーラグビーの試合は「喧嘩」とも言えるような作業が続きます。 タックルする選手、走る選手のぶつかる時には、「ごつん」という音が聞こえる。生身の肉体のぶつかる音です。怪我をして血を流す選手を見ることは、珍しくありません。

驚くのは、審判/レフリーの能力・権威の高さです。

w161127_IMG_6566

続きを読む

divomylove at 18:07コメント(0) 
[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ