トレーニング

2016年10月05日

ワークショップ・ファンマッチ参加の皆様へ

ワークショップ当日(26日、28日)の昼食時間は、1時間半以上を予定しています。
昼食は、カレー、ハッシュドビーフ、サブエサンドの3種類から選んでいただきます。以下のリンクから昼食メニュー選択フォームへ進んで、申告して下さい。

ファンマッチの日は昼食時間を長くとる事ができ無いこと、人によって食事時間に違いがあることから、1種類、幕の内弁当、となりますが、希望する数量の申告をお願いします。

10月30日までです。(フォーム11月1日 0時にクローズ)

なお、申告の無い場合は、自動的にカレーとなり、幕の内弁当の数量は1とします。

よろしくお願いします。


divomylove at 10:46コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月13日

フリースタイルのトレーニングには、ご褒美/報酬としてのトリーツが不可欠です。
oha

もちろん、ボールや引っぱりっこタグをご褒美にすることが有効な場面は多々あるのですが、細かい作業、静かに理解して欲しい作業には、食べ物が有効に働きます。 
続きを読む

divomylove at 15:44コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月13日

3月末から4月の初めにかけて、約1週間程、イギリスへ行ってきました。

私にとっては29年ぶりのロンドン、当時も国際都市だったあの街は、EU統合により更に多国籍化していて、観光客として街をさまよっていると、イギリス人と出会う事が無いと言える程に、サービス業に働く人達の英語は、外国人のそれでした。

至る所で様々な工事が行われ、街の躍動する最先端は、私がいた頃には何も無かった地域へ移動し、私がいた頃から考えると、街のスカイラインは様変わりしていました。
この街最後の日、29年前に別れた友に会いに行きました。彼女の低いトーンの落ち着いたクイーンズイングリッシュの響きの中、旧友達の近況を聞き、若かりし頃、楽しかったロンドン時代を思い出しました。彼女の話し声、ずっと聞いていたかった。。。

さて、今回の旅の大きな目的は、2014年に来日してワークショップを行ってくれた Carole Dodson とMichelle Dodson の Forest Oak Farmで行われる Mary Ray Obedience Workshopに見学参加すること。
DSCN5219DSCN5224

続きを読む

divomylove at 12:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月26日

wf130606_TFD_8168
photo by Yuji Kasahara

フリースタイルに限らず、犬のトレーニングでは、「きちんと覚える」事の重要性は、もしかしたら、必要以上に語られているのでは無いかと、最近思います。

いや、もちろん、「きちんと覚える」事が犬の自信に繋がり、自信を持っている事だからこそ楽しむことができる,、、そう考えると、「きちんと教える」事の重要性は疑い様がありません。 続きを読む

divomylove at 14:03コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月09日

アジリティの世界で有名な競技者/ハンドラー/トレーナーのSusan Garretさんのトレーニング本を読んだ時、彼女が、アジリティの障害物をフリーシェイピングで教えたと言う事に、私は驚きました。へぇ〜、,、そうなんだぁ・・・。

そこで、彼女が発表している動画等をいろいろと見てみました。
続きを読む

divomylove at 18:39コメント(0)トラックバック(0) 
[リズミックポー] トレーニングDVD by Dr Attila
フリースタイルの様々なポジション、
ステップやムーブの教え方を解説。
日本語版は、UKドッグアカデミーへ。
最新コメント
最新トラックバック
順番方式 (dance with Dono)
順番
順番 (クリままの独り言)
順番
訓練所の話 (クリままの独り言)
10年程前
ボクもですか? (クリスの回顧録~そして今)
Paw To Nose 2
post man 2 (犬と踊るBLOG)
post man
ダンスの話。 (クリスの回顧録~そして今)
ポジション変化
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ